脂漏性皮膚炎の原因

脂漏性皮膚炎の原因とはどのようなものでしょうか?


脂漏性皮膚炎の原因として現在最も有力な説は、顔や頭皮などの皮脂に含まれているトリグリセリドがマラセチア菌と呼ばれる真菌類(癜風菌ともいう)により分解される時に生じる刺激によって一種の接触性皮膚炎が起こるとされているものです。

 

マラセチア菌などの真菌類は、元々人間の顔面や頭皮など皮膚のいたるところに常在しています。しかし通常はこれといった悪さをすることはありませんが、生活習慣が乱れたりして身体の持つ免疫力が極端に低下した際に急速に増殖すると考えられています。

脂漏性皮膚炎の原因はHIVの初期症状や栄養バランスが考えられている

脂漏性皮膚炎シャンプー原因

また脂漏性皮膚炎はHIV患者の初期の症状として表れることが多いということも報告されています。これもまたHIV感染によって免疫力が低下するためというのが有力な説になっています

 

脂漏性皮膚炎は見た目がポロポロと皮膚が剥がれ、同時に大量の落屑を伴うため不潔な生活をしていることが原因だと勘違いされることが多く、これについては深刻な社会問題として今後の啓蒙に託されています。

 

脂漏性皮膚炎の原因として他にあげられているものは、ビタミンB2やビタミンB6の欠乏によるもの、アルコール依存によるもの、さまざまなストレスによるものなどがあります。また糖尿病患者や肝疾患患者に多く見られることも知られています

 

乳幼児の脂漏性皮膚炎に関しては頭部から強い発疹が生じるのが大きな特徴となっており、年齢を経るに従って自然治癒することが多く報告されています。

 

しかし一方で高齢者の脂漏性皮膚炎に関しては原因が不明な場合が多く、根本的な治療などは行われることは少なくなっています。

口コミ評価が高い男性用スカルプシャンプーBest3

口コミ評価が高い女性用スカルプシャンプーBest3