頭皮に優しいシャンプーの仕方

頭皮に優しいシャンプーの仕方とはどのようなものでしょうか?

シャンプーの仕方が間違っていると頭皮にダメージを与えてしまいます。それを防ぐためにもできるだけ頭皮を傷めない優しい方法で行っていかなければなりません。

 

ポイントはシャンプーの負担をできるだけ減らすこと。シャンプーはその成分や頭皮への摩擦、刺激からどうしても負担がかかってしまいますから、それを軽減するための対策がまず必要なのです。それがブラッシングとぬるま湯でのプレシャンプー。ブラッシングをすることで毛髪表面の汚れや埃をとることができるほか、髪の毛の通りをよくすることで洗う際に指で引っ掛けて傷めるのを防ぐことができます。プレシャンプーはシャンプーの泡立ちをよくすることはもちろん、毛髪と頭皮の汚れをかなり落とすことができます。この段階で汚れの7割は落とすことができるといいます。その分シャンプーで時間をかけて洗う必要も、強く擦る必要もなくなるわけです。なおお湯の温度はぬるめに、38℃くらいがベストです。

シャンプーは泡立ててから頭皮に置くのが優しいシャンプーのポイント

シャンプーと頭皮9

それからシャンプーの塗布。直接頭皮に塗布するのではなく、まず手のひらにとってよく泡立てましょう。これが最大のポイント、直接塗布してしまうと泡立てるまでに頭皮に刺激してしまいます。十分に泡立ったと判断した後に洗い始めます。実際の洗髪は泡で行います。泡の粒子が毛穴の奥まで入り込んで汚れを落とし、頭皮表面に付着した汚れを浮かび上がらせて落としていくのです。十分に泡立ててさえいれば指で頭皮を擦る必要もなく、負担を最小限に落としていくことが可能です。

 

頭皮の血行が悪かったり、硬くなっている場合には擦る代わりに指の腹で優しくマッサージするのもよいでしょう。その際にホホバオイルや馬油を使用するのもオススメです。この辺は頭皮の健康状態を考慮したうえで判断しましょう。

 

最後にすすぎ。シャンプーの洗浄成分が頭皮に残らないようしっかりと落としていきます。洗髪に十分に時間をかけていながらすすぎが不十分なために頭皮をいためてしまうケースも多いため、この点にも十分注意しましょう。

口コミ評価が高い男性用スカルプシャンプーBest3

口コミ評価が高い女性用スカルプシャンプーBest3

頭皮に優しいシャンプーの仕方関連ページ

シャンプーと頭皮の関係
シャンプーと頭皮にはどんな関係があるでしょうか? 購入の際に知っておきたいシャンプーの種類と上手な選び方を紹介しています。
シャンプーの成分
シャンプーに含まれる成分にはどのようなものがあるでしょうか? 購入の際に知っておきたいシャンプーの種類と上手な選び方を紹介しています。
高級アルコール系シャンプー
高級アルコール系シャンプーとはどのようなシャンプーでしょうか? 購入の際に知っておきたいシャンプーの種類と上手な選び方を紹介しています。
石鹸シャンプー
石鹸シャンプーとはどんなシャンプーでしょうか? 購入の際に知っておきたいシャンプーの種類と上手な選び方を紹介しています。
アミノ酸系シャンプー
アミノ酸系シャンプーってどんなシャンプーでしょうか? 購入の際に知っておきたいシャンプーの種類と上手な選び方を紹介しています。
ノンシリコンシャンプーのメリット・デメリット
ノンシリコンシャンプーのメリット・デメリットにはどのようなものがあるでしょうか? 購入の際に知っておきたいシャンプーの種類と上手な選び方を紹介しています。
頭皮の脂性肌、乾燥肌
頭皮にも脂性肌、乾燥肌があるのでしょうか? 購入の際に知っておきたいシャンプーの種類と上手な選び方を紹介しています。
シャンプーとフケの関係
シャンプーとフケにはどんな関係があるのでしょうか? 購入の際に知っておきたいシャンプーの種類と上手な選び方を紹介しています。
シャンプー以外の頭皮ケア
シャンプー以外で気をつけたい頭皮ケアにはどのようなものがあるでしょうか? 購入の際に知っておきたいシャンプーの種類と上手な選び方を紹介しています。